スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ ノーアジャストメント!!! ~

ストレートカイロプラクターという職業に強く惹かれる理由の一つとして、


ノーアジャストメントがある。


日常に於いて、脊椎サブラクセーション状態の時もあれば、逆にそうでは無い時もあり。

クライアントが脊椎サブラクセーションの状態であれば、その解放をサポートする為にストレートカイロプラクターは施術を行う。

しかし脊椎サブラクセーション状態で無い場合、施術は”あえて”しない

これをノーアジャストメントと呼ぶ。


四年ほど前、自分が初めてストレートカイロプラクター・嶋田 慶三郎 D.C.のオフィスでノーアジャストメントと告げられた時の衝撃は半端じゃなかった。正に青天の霹靂だった。


その衝撃を例えるなら、


床屋に髪を切りに行ったのに、髪を切ってもらえなかった感じ。


飛行機に乗る為に空港に行ったのに、飛行機に乗せてもらえなかった感じ。




身体をケアするサービスに対して、


身体に何かして貰って当たり前。

マッサージされて当たり前。

矯正されて当たり前。



などとそれまでは考えていた。


その中で、あえて施術をしないというサービス(ノーアジャスト)を受けたのは生まれて初めてだった。


そしてそれ以来、脊椎サブラクセーションの状態とそうでは無い状態の”差”を、日常生活ので比べるようになった。

それまでより確実に生活サイクルや睡眠時間、運動に食べ物、姿勢や思考などに細かく意識が向いて行き、

自身の生命力に対する発見やその力を信頼する大切さ、自らの健康と人生に対し責任を持つ意識を強く感じるようになった。


脊椎サブラクセーション状態からの解放、そしてノーアジャストメント

ストレートカイロプラクティックケアを通じて、それまでの自分の健康観や生命観は一気に覆った


ノーアジャストメントというサービスは、唯一脊椎サブラクセーションと向き合うストレートカイロプラクターだけが提供出来る。

そのサービスにはストレートカイロプラクターの生命に対する最大級のリスペクトが込められていて、

同時に人の健康観や生命観、または人生観までも良い意味で劇的に変化させる可能性を秘めているとも感じている。

自身がそうであったように。



だから自分はカイロプラクティックのアイデアが大好きで、


ストレートカイロプラクター”が”いいんだ




















「我々の職業へ恩を返しましょう。

 それは私たちに”贈り物”として与えられた訳では無いのですから。」

 by Thomas A. Gelardi D.C.



















Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)

Author:磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)
米国のSherman College of Chiropracticへの進学を目指し、プレカイロ課程を履修中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。