スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 一つの専門職として ~

Shermanで行われたマスタートムの特別講義に、付き人(ビデオカメラマン)として二度帯同して来た。

Thom Gelardi D.C. の話されたテーマはズバリ

「専門職とは」


カイロプラクティックの目的を軸に、今回も熱い講義が繰り広げられた。


個人的な要約は以下の通り。


ー要約ここからー


「カイロプラクティックという職業が扱うのは、解剖学的に限定された脊椎サブラクセーションという状態です。

カイロプラクティックをカイロプラクティック足らしめるのは、そのコンセプトが明確である場合に限られるでしょう。

言葉はそのコンセプトを表しますが、私たちの存在を理想的なものとしてくれるのが脊椎サブラクセーションの存在です。

脊椎サブラクセーション。この一つの中心と成る考えによって、職業上の道理に合うことが可能と成ります。

職業的な基準として、その事実的価値と一つのテーマに沿い、且つ一つの目的の下に提供する。

それが結果的に、私たちが一つの専門家として何を社会に訴えることが出来るのか?ということに繋がると思います。


それは、"脊椎サブラクセーションが無ければ、人生は豊かになる"ということです。


カイロプラクティックは、脊椎サブラクセーションをアジャストメントさせることにより、命の表現に貢献出来る。その事実を基に、我々の関心事の中心には脊椎サブラクセーションを据えるのが大切だと思います。

この脊椎サブラクセーションという概念が、


カイロプラクターの存在意義を証明し、

プラクティスのミッションを明確にし、

リサーチの役割をハッキリさせ、

カイロプラクティック教育上の使命をブラさない要因と成ります。



職業はそのミッションによって定義され、存在する根拠と成り、社会に認識されます。

ホメオパシーやオステオパシーは、残念なことに方法論をその関心事の中心とした為に葬られたのだと思います

D.Dパーマーの言う"手によって成す"と言う言葉も、言うなれば方法論です。

私たちは、将来どのような方法でカイロプラクティックが実践されるのかなど解りませんが、方法論に囚われる必要は無いと思います。最も効率的かつ安全で、その上実践的であれば、私は問題ないと考えています。

何故なら、カイロプラクターたちが同じミッションを共有していれば、自ずと同じような方法論に辿り着くと考えるからです。

ただ、その時大切なことは、


ミッションがメソッドを決定するのであって、方法論がミッションを決めるのではないということです。


"治療"と言う言葉を用いたり、医療と懸命に比較する。

それはプライマリーヘルスケアプロバイダーでもなければ、医療を提供している訳でもない我々にとって無益なことです。早くそのような所から脱却するべきでしょう。


どれだけ脊椎サブラクセーションの分析とその調整に心血を注ぎ、ノーアジャストを見極められるか。


という部分にフォーカスし、誠実にカイロプラクティックを実践する。

そこに我々の未来が懸かっていると思います。」


ー要約終わりー





カイロプラクティックは、神経伝達障害を取り除くというミッションの下に生まれた。

例えそれで難聴が治癒しようが、失明が回復しようが、癌が治ろうが、

全ては結果の産物であってミッションではない

創設者D.D.Palmer、彼のミッションはあくまでも脊椎サブラクセーションを取り除くことであったと自分は考える。

そしてそのことはカイロプラクティック誕生当時から現在も変わらない、カイロプラクティックの中心であり核心であると捉えている。


脊椎サブラクセーションを解消させ、その人の人生をより豊かにする。


Thom Gelardi D.C.が唱える専門職としてのカイロプラクティック。

それはどこまでもObjectiveで、創始者の想いを大切にする素晴らしいものだった!!!












IMGP6915.jpg
    ストレートカイロプラクター・Thom Gelardi D.C.と共に















”Chiropractic is not a healing system. It has nothing in common with any other system and is not theraputic, does not treat, cure or heal.”

「カイロプラクティックは治療法ではない。それは如何なる他の体系とも共通するものはない。カイロプラクティックとは療法でもなければ、それ自体が治療したり、癒したり、または治癒させるものではないのだ。」

 By D.D.Palmer (カイロプラクティック創始者)












Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)

Author:磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)
米国のSherman College of Chiropracticへの進学を目指し、プレカイロ課程を履修中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。