スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ ジャッジ ~

Thom Gelardi D.C. が実践し始めた1950年代。

その頃はまだ白人至上主義が強い時代で、アメリカでは白人と黒人のトイレやレストランスペースなどが分けられていたという。

カイロオフィスも同様に、待合室は黒人、白人別々なのが主流だった。

そんな時代の中で、Thom Gelardi D.C. は待合室を分けなかった。


カイロプラクターとして、肌の色や国のプロパガンダで”ジャッジ”しなかったのだ。

それは政治や宗教に限らず他へも同様で、


薬や手術に対する”良い悪い”(ジャッジ)。

サプリメントやトレーニングへのジャッジ。

食生活へのジャッジ。



これらを一切行わなかった。



まず、カイロプラクターが”カイロプラクターとして”物事をジャッジ出来る範囲は一体どの程度だろうか。


クライアントが脊椎サブラクセーション状態であるか否かのジャッジ。

施術者がアジャストメントアプローチをするかしないかのジャッジ。



これらカイロプラクティックのミッションや目的に関連することはジャッジ可能であると考える。


では抗癌剤治療や脊柱管狭窄症の手術など、医療へのジャッジについてはどうか。


脊椎サブラクセーションのスペシャリストであるカイロプラクターには、

医師が備える、診断する上での専門的知識や検査に必要な設備、そして投薬や手術の実践経験は無い


カイロプラクターが上記のような治療法について苦悩しているクライアントに対し、


それはプラシーボだ。

薬ビジネスだ。

医原病の元だ。



などと断じるのは、”カイロプラクターとして”可能なのだろうか?


それは魚を捌いたことも無い人間が、見聞きした情報を基に魚屋の魚の捌き方を批評するくらい滑稽なものであると感じるし、

発言への無責任さに加え、それを専門としている職業への敬意を欠く言動であるとも思う。


我々の職業は、医師や医療カウンセラー、栄養士やスポーツトレーナーでもなく、


自然の理であるカイロ哲学をその根幹として、脊椎サブラクセーションを分析し正すことが出来る唯一のプロフェッショナルである。


故にThom Gelardi D.C.は、カイロプラクターという職業の範疇を越えた物事へのジャッジは一切しないのだろうと、自分は考えている。


これから診断学や病理学など医学的な知識を山の様に学ぶと思うが、

カイロプラクターとしてジャッジ可能な範疇をしっかりと弁えていなければ、中途半端な医学的知識に流され

”なんちゃって診断”や、クライアントへの”安易で軽率な発言”が、実践に出た時に無意識に口を突くだろう。




マスタートムのように高いプロフェッショナル意識と他の職業へのリスペクトを備えること


とても大切なことだ。

















「自分がプロであるという自覚を持ち、そしてその自覚だけではなく、プロであり続ける為の努力をし、結果を求められる仕事に対してきちんと責任を背負っていける、それがプロだというふうに思います。」

 By 寺門嘉之(海上保安官)














Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)

Author:磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)
米国のSherman College of Chiropracticへの進学を目指し、プレカイロ課程を履修中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。