スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 2013年 "風" ~

昨年末にアメリカのサウスカロライナに飛び、そこで初めてSherman Collegeを目の当たりにし、言葉に出来ないくらい感動した。その後は時間さえあれば、兎に角Shermanを訪れた。


厳しくも温かい雰囲気を纏うSherman Collegeには、時代や人の価値感が移り変わっても変わらないカイロプラクティックの本質、"Sherman ISM"が今も深く根付いている。それは、自分がこの一年間Shermanへ通い続けて来た中で観つけた素晴らしい発見だった。


プレカイロ過程では、宿題に対する評価でいきなり最低ランクである"F"判定を頂戴。しかし今では、より早くSherman Collegeへ進学出来るように、受講するクラス数を増やせる余裕も出て来た。人間やれば何とかなるもんだ(笑)


アメリカで一番の出逢いと言えば、カイロプラクティックマスター・Thomas A.Gelardi D.C.との出逢い。特に謙虚で愛嬌ある人間性と芯に宿る強いオーラ、突出した行動力、カイロプラクティックとSherman Collegeへの愛が半端じゃない。

自分の人生で初めて、勝手ながら師と仰がせて頂くと決めた。自分にとって、氏はそれくらいカッコ良くて熱い漢である。

そんなマスタートムをはじめ、Mitzi,John Hart, John PorterなどSherman Prideを持った講師陣にも可愛がって頂き、彼らとの交流がプレカイロ勉強への大きな励みと癒しとなった事は言うまでも無い。


そんなアメリカ生活の中、日本でも大きな流れが起きる。

藤渕・嶋田先生考案による、"KK" Sherman Style Knee Chest Tableの誕生からのSherman Collegeでの"KK"プレゼンテーション。そしてBJPセミナーへ、マスタートムのスピーチビデオ作成を通じて協力させて頂いたこと。これらは見えないチカラに導かれるように起きていった奇跡のような出来事の連続で、これからは日本がChiropracTICの源泉となる!と言わんばかりのエネルギーの高さと勢いを感じさせた。


休暇で帰国し、高松でJapanese BJこと藤渕 啓介先生に御逢い出来たこと、OBJECTIVE STRAIGHT SPRINGの門出をメンバーと共に祝えたことは、これからまたアメリカでひとっ走りする自分に、今回の高松滞在はこの上なく大きな刺激と出逢いだった。


こうやってこの一年を振り返ると、正に"風"の如く駆け抜けた年のように思う。


来年は「調子こかぬように。」と占いの本にもあったので(笑)、"林"のように静かにプレカイロの勉強だけに集中するかな・・・


皆様、今年も大変お世話になりました!来年も皆様にとって実り多き年と成りますようお祈り申し上げます。

それでは、良い年をお迎えください~



磯部 博文








DSCF5855.jpg

                A Happy New Year !!










「Chiropractic is Vertebral Subluxation.」

 By Thomas A.Gelardi D.C.(Defender of ChiropracTIC)










Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)

Author:磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)
米国のSherman College of Chiropracticへの進学を目指し、プレカイロ課程を履修中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。