スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 帰国 ~

ついに期末テストも終わり、その日に急いで荷物をパックして、深夜に空港へ移動。次の日の早朝の便で日本へ飛んだ。


約1年ぶりの日本。TOEFLに合格出来ず失意のまま帰国したカナダの時と違い、今回の帰国はShermanへ繋がる一年を無事終えた充実感を伴ったものだった。

飛行機で成田空港に近づき、日本の大陸が見えてくると益々心が熱くなった。

まずは空港である程度の日本円を引き出してから行こうと思ったら、その暗証番号を忘れ、引き出せない。

手持ちは僅かな数百円と6ドル(約600円)。

これじゃあ成田エクスプレスにすら乗れん(笑)

切符はクレジットでは買えず、スイカのチャージもままならない。

東京へのシャトルバスが900円で出ていたので、6ドルを急ぎ両替所で交換。そこのスタッフにしてみれば「たった6ドルかよ!」と突っ込みを入れたくなった事だろう。

今日ほど円安を嬉しく思ったことは無い。

東京へ着き、この日伺う事になっていた嶋田D.C.のオフィスに連絡を入れようとしたら、公衆電話がことごとく"テレフォンカード専用機"だった!ならばE-mailでと、パソコンを使う為Wi-Fiスポットも探したが結局利用出来ず・・・スタバで途方に暮れそうになっていると、スタッフの方がテレフォンカードコレクターだったらしく、「宜しければ御使い下さい」とテレフォンカードを貸してくれた!その上そのコレクション数枚を、また万が一の事があるかもしれないから持って行けと。。。

この人情には涙ちょちょ切れるほど感動した。(スタバのお姉さん、本当にありがとうございました!!)


しかし青山に着く頃には、所持金は残り"300円"であった・・・トホホ



つづく







「"本当にやりたいことはこれ!"という心の声に耳を傾けることが大切です。心の声を聞き取るのは意外と難しいものですが、日記などを書いて自分と向き合う時間を持つようにすることで、次第に聞く耳が養われていきます。」

 By 松岡修造(日本の元プロテニス選手)










Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)

Author:磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)
米国のSherman College of Chiropracticへの進学を目指し、プレカイロ課程を履修中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。