スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 撮影終了 ~

今日は朝一からThom Gelardi D.C.の家へ行き、BJPセミナーの為のビデオ撮影に臨んだ。

この日の為にマスター・トムが作成していた多くの資料や道具を見て、どれだけ今回のBJPセミナーに真摯に協力して頂いているのかがビシビシ伝わって来た。

スピーチ構成の確認や場所作りをし、いよいよ撮影スタート。

その内容は、カイロプラクティックの"Objective"を軸に、一言一言が心に響くものだった。


今回もThom Gelardi D.C.とは色んな話しをした。

その中でも、マスター・トム、そして彼の師Lyle Shermanも一貫して大切にして来た、"ストレートカイロプラクターとしての信念"の話しは最高だ。

カイロプラクティックの"サブラクセーションを分析して、解放する"という目的こそが、カイロプラクターの"ただ一つの最重要ミッション"であり、どのようなテクニックであれ、"テクニックが目的よりも優位に成ることはない"ということ。

実際、ベティやマスター・トムが語ってくれた彼ら自身の実践経験や、彼らの師であるLyle Shermanのエピソードの数々は、H.I.O及び上部頸椎テクニックという枠には収まらないものだった。

あくまでも脊椎サブラクセーションを中心に捉えた実践と、その結果を"素直"に観ることが大事なのだと。

お二人の話しや、マスター・トムのスピーチを聞いたことで、カイロプラクティックの"Objective"が何故大切なのかが益々身に染みた。


ビデオ撮影も終わり、残るは和訳作成と編集のみ!

スピーチして頂いたThom Gelardi D.C.、BJP、そしてセミナーに参加する方々の為にも、


やるぞ~!!!









DSCF5853.jpg
               三人でのターグルハンド!!




DSCF58559.jpg
         マスター・トム、ご協力ありがとうございました!!












「陰と陽。このコンセプトは自然の理をダイレクトに表現している。そして自然の理とは、正にカイロプラクティックの根底に在る。」


 By Thomas A.Gelardi D.C.












Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)

Author:磯部 博文(ISOBE HIROFUMI)
米国のSherman College of Chiropracticへの進学を目指し、プレカイロ課程を履修中。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。